製品に関するお問い合わせは
TEL.06-6448-2081

〒550-0002 大阪市西区江戸堀3−4−9





新製品、商品開発に力を入れ,お客様のニーズに応える企業をめざす

         


重防食工法・製作商品・実績商品の紹介



TOPIX
地際防食対策(重防食工法)

照明柱 倒壊事故
倒壊事故よる腐食対策防食工事

倒壊事故 







大阪府池田市の市立猪名川運動公園で2月11日、照明柱が倒れて女児(10)が手に重傷を負った事故で、犬の尿によって照明柱の腐食が進んで倒れた可能性が高いことが市の調査で分かった。付近の土から高濃度のアンモニアが検出された。

市によると、照明柱の根元の土の成分分析を民間研究所に依頼したところ、排せつ物に含まれる「アンモニア態窒素」が他の場所の約9倍も検出された。尿は雨水よりも金属をさびさせる力が強く、この公園は犬の散歩に訪れる人が多いという。

照明柱(高さ約4.5メートル、直径約14センチ)は鉄製で1996年に設置された。倒れた際、大阪市内の小学4年の女子児童が柱と地面に手を挟まれ、重傷を負った。

このような事故が発生し
鉄柱・歩道橋脚部地際・ポール地際は腐食しやすい環境下にあり
防食対策が今後必要とされる。

 


施工写真




2年後


対策項目
鉄柱を補強した後、地際防食対策(重防食工法)を行った。
  1. 下地処理剤塗布
  2. 強粘着防食ゴムシート
  3. 段差部シール材
  4. 防食テープ
  5. 接着剤塗布後
  6. 紫外線硬化型シート
結 果
強粘着防食ゴムシートを巻き付ける事により鉄柱の腐食を防止し温度差の変化にも追従し密着が可能である。
段差部はシール材を使用する事により水の浸入を防ぐ効果がある。
防食材が粘着材であるため保護材(紫外線硬化型シート)を巻く事で、
耐衝撃にも対応でき、長期間の重防食効果が発揮できる。

今後、この工法で実用化に向けて実績を重ねる。

実績商品
(パイプキャリー

強化合成樹脂製配管台車 

長距離推進ヒューム管内へのガス導管配管工法を開発

実績商品
耐候性カラ−ゴムシート

災害に強い設備作りのために



製作商品
四フッ化エチレン樹脂加工品

絶縁プレート+四フッ化エチレン樹脂(特殊接着加工)
 


SUS巻板金工事 












株式会社 但馬 物産東京支店
タジマエンジニアリング株式会社

〒143-0014
東京都大田区大森中2丁目22番15号
TEL 03-3766-9371
FAX 03-3766-9715